dTVの作品数と評判・料金・6つのメリットを解説【2020年】

動画配信サービス(VOD)

※この情報は、2020年2月時点の情報です。最新情報は公式サイトをご覧ください。

dTV

dTVってどんなVODサービスなんだろう?
他のVODとの違いが知りたいな。

dTVサービスのメリット・デメリットを分かりやすく解説していきますね。

dTVはどんなVODサービス?

まずは基本情報です。

月額料金 500円
作品数 12万本以上
無料体験 31日間
ダウンロード OK
画質 フルHD対応
同時視聴 1台
パイレーツオブカリビアン

dTVのサービスは、
エイベックスが運営し、ドコモが提供している動画配信サービスだ。

サービスの内容は、
映画・ドラマ・アニメ・音楽など約12万作品月額500円(税抜)で見放題
定額制動画配信サービスを行っている。
圧倒的なコストパフォーマンスが売りですね。

もちろんドコモケータイ回線をお持ちでない方も登録できます。
初回31日間の無料おためし期間がありますので、使用感を試す事ができます。

■■■■■   映像配信サービス dTV   ■■■■■
 ♪【初回31日間無料おためし】キャンペーン実施中♪
     映画・ドラマ・アニメ・音楽ライブなど
約120,000作品が月額500円(税抜)で見放題!

ここからは、
dTVのメリットやデメリットについて解説していきます。

dTVのデメリット

まずは、デメリットを確認しよう。

  1. 見放題の作品の量
  2. 毎月ポイントが付与されない
  3. 1アカウントでの視聴台数が1台

dTVの見放題の対象作品の量

動画本数12万の内に含まれるのが、
有料レンタル動画やカラオケや音楽が含まれています。

純粋に動画本数では14万本(見放題9万)のUーNEXTと比較すると物足りなさが
出てきてしまうかも知れません。

動画本数国内TOPクラスのUーNEXTの参考記事は↓
UーNEXTの評判や9つのメリット・デメリットをまとめて見た

dTVは毎月視聴のポイントが付与されない

他のVODサービスでレンタル有料動画を展開するVODは、
毎月付与されるPointを使い有料レンタル動画を視聴できる。
残念ながらdTVは今のところそういった仕組みはない。

毎月ポイントが付与されて有料動画の視聴ができるVODサービスは、
FODプレミアムやU-NEXTがある。

・FODプレミアムは毎月最大1300円分のPOINTが行動次第でGETできる。
FODプレミアムの評判や6つのメリット・デメリットをまとめてみた

・U=NEXTは、毎月最大1200円分のPOINTが必ず付与される。
U=NEXTの評判や9つのメリット・デメリットをまとめてみた

dTVは1アカウントでの視聴台数が1台

料金が格安なので仕方ないが、
同じ料金体型のAmazonプライムビデオは同時3台までOKなのだ。
これはデメリットになってしまう。

Amazonプライムビデオの詳細記事↓
Amazonプライムの作品数や評判・6つのメリットを解説【2020年】

dTVの6つのメリット

デメリットを紹介しましたが、ここからは具体的なメリットを紹介します。

  1. 月額の使用料金が圧倒的に安い
  2. 作品数が12万本を保有
  3. ダウンロードが可能
  4. 倍速再生が可能
  5. 音楽コンテンツが豊富
  6. フルHDや4K対応で高画質の再生ができる

それでは解説していきます。

dTVは月額の使用料金が圧倒的に安い①

dTV

上記の比較をすると、一目瞭然で安い。
一日あたりの使用量は約17円だ
ツタヤで新作1作品レンタルする料金で
毎月動画が見放題となる。
コスパは◎となる。

dTVの無料期間は31日間①-2

■■■■■   映像配信サービス dTV   ■■■■■
 ♪【初回31日間無料おためし】キャンペーン実施中♪
     映画・ドラマ・アニメ・音楽ライブなど
約120,000作品が月額500円(税抜)で見放題!

コスパの良いdTVを無料期間で体験し、
使用感や視聴のしやすさを確認しましょう。

dTVはDAZNと組み合わせると割安となる

DAZNとdTVを契約すると月額1280円となる。
※詳しくは公式サイトをご覧ください

・DAZNの詳細記事は↓
DAZNの評判や6つのメリット・デメリットの詳細【2020年】

dTVは作品数が12万本を保有②

作品数に関しては、国内最大のU-NEXT14万に次ぐ12万本を保有している。
エイベックスが運営しているため、音楽系動画本数も強みである。
好みの動画があるかは公式サイトでジャンルから確認しましょう。

dTVはダウンロードが可能③

ダウンロード機能があれば、パケット料金の心配や電波環境による
不安定によりイライラ視聴を回避できる。

dTVは倍速再生が可能④

倍速再生が可能となっているので、
使用する際のユーザビリティーは高まる。
短縮再生ができるので時短や休憩時間の急ぎ視聴にも対応できる。

dTVは音楽コンテンツが豊富⑤

まず、エイベックスが運営しているので音楽コンテンツが豊富だ。
アーティストのMusic Videoの視聴や、
AAAなど人気アーティストのライブ生配信も見る事ができてしまう。

エイベックス所属アーティストを中心に、
邦楽が好きな方は非常にお得な動画サービスとなる。

音楽コンテンツが強みのVODサービスは、なかなか無い。

自分だけの音楽プレイリストを作成できますので、
楽しめる仕組みも備わっている。

dTVはフルHDや4K対応で高画質の再生ができる⑥

画質:SD/HD/4Kに対応していますので、
デバイスの選択によっては、
高画質で動画を楽しむ事ができます。

dTVの口コミ

他のVODに流れているクチコミもある。

https://twitter.com/925×125/status/1226891448332587009?s=20

音楽ライブの配信が継続契約につながっている。

オリジナルコンテンツも継続契約の判断材料になっている。

dTVの解約方法について

ドコモとの契約の際に、
dTV加入Planで放置しがち→料金発生→請求ビックリ
のクチコミも散見しました。無料期間に解約するなら、

dアカウントでアプリログイン→アプリメニューのその他→アカウント
→dTV解約→利用規約同意→解約手続きに進む→dアカウント+パスワード入力
→MY docomoの案内に沿って解約

の流れで完了できます。

dTVの総括(まとめ)

dTVの強みは、音楽ライブ配信とオリジナルコンテンツなので、
合致できればワンコイン500円の月額の使用量で楽しむ事ができる。
まずは無料体験で品定めしていきましょう。

dTV

音楽系を重視しないのであれば、
同じ月額使用量でおすすめなのは、Amazonプレミアムビデオだ。
Amazonプライムの作品数や評判・6つのメリットを解説【2020年】

自分にあったVODを見つけ、
楽しいVODライフをおくりましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました